カラオケでもキー下げなくていいんだ!

高い声の出し方 > 喉を開ける > 「喉を開ける」とは?

喉を開ける

「喉を開ける」とは?

喉を開けると聞くと、何だか簡単そうに思えますが、結構難しい事なんです。状態としては、あくびをしている時が、まさに「喉が開いている状態」だとされています。

 

あくびの時に声が出しまいますよね。上手く喉を開ける事が出来れば、あくびをした時の太い声をいつでも出す事が出来ます。

しかしあくびの状態の声では、上の喉と下の喉が両方開いてしまうので、ヴォーカルレッスンなどの場合は、上の喉を開けるようにします。

 

いまいちイメージが湧かないと思いますが、上の喉とは、喉の奥の方にのどちんこがあると思います。そのもっと奥には鼻と繋がる箇所があり、その部分を開ける事で、上の喉が開きます。

開け方としては、舌でのどちんこを触るようにする事で自然と開ける事が出来ます(慣れないうちは「オエッ!」となってしまうかもしれませんが)。

下の喉よりも、特に上の喉を開ける事を意識し、それを毎日行う事で、太くて綺麗な響く声を出す事が出来ます。

 

また、リラックス法としても有効的です。どうしても体に力が入ってしまうと、喉にも力がかかってしまい、影響が出てしまいます。そういった時は、喉を開ける事により綺麗な声を出す事が出来ます。

喉が閉まってしまうと声も響きませんし、無理に高い声を出そうとすると最悪の場合、喉を壊してしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

ちなみに、プロの歌い手さんの中でもオペラ歌手レベルの方は、みんな喉を開け、綺麗に響く高い声を出しています。

「”喉を開ける” という状態が中々イメージできない」 という方は、参考にしてみるのもいいかもしれません。


真の歌声を手に入れる方法×力強くかつきれいな高い声を取得する方法

歌うことが苦手な人とプロの高音を持つ人の違いは、「知っているか」・「知らないか」の違いだけ。

あなたの歌唱力を向上させるプログラムと、高音域を開発するプログラムがセットで

 

39600円 → 14800円!

 

もっと詳しく>

 

 

商品をレビューしてみました!

2つのマニュアルを、管理人自らレビュー・感想を書いてみました。

レビューをご覧になりたい方は以下のリンクからどうぞ。

「高い声」のレビューページへ / 「真の声」のレビューページへ>