カラオケでもキー下げなくていいんだ!

高い声の出し方 > 喉を開ける > 喉を開ける事の効果

喉を開ける

喉を開ける事の効果

さて、喉を ”開ける” のと ”開けない”のでは、効果はどのように違うのでしょうか?

喉を絞めた(つまり "開けない”)状態で歌を歌っていると、喉を痛めてしまいます。

 

よく高い声を出そうと、喉に力を入れてしまいがちですが、それでも一時的には勢い良く高い声が出ます。しかし、こういった声は聞きづらい上に、あまり響かないので、長時間歌うには不向きな手法であると言えます。

喉を開ける事により、長時間歌っても喉を痛めることなく、高い声で響く歌を歌う事が出来ます。

声帯周りに力が入ってしまうと、どんなに歌が上手な人でも下手に聞こえてしまいます。プロの場合ほとんどの方が喉を開けるテクニックをマスターしているので、いつでも深みのある高音を出す事が出来ます。

実際に喉を開けて歌ってみると、「これが自分の声?」と思うほど、その効果にびっくりするみたいです。

 

喉を開ける技術はなかなか難しく、短期的に歌唱力をアップさせる事は難しいでしょう。

しかし逆に言えば、高い声を出すためには必要であり、オペラ歌手など本格的に歌を仕事にしている人は、みんな喉を開けて歌う事を行っています。

上手に喉を開ける事により、長期的に綺麗な高音を出す事が出来るので、是非習得しておきたい練習法です。


真の歌声を手に入れる方法×力強くかつきれいな高い声を取得する方法

歌うことが苦手な人とプロの高音を持つ人の違いは、「知っているか」・「知らないか」の違いだけ。

あなたの歌唱力を向上させるプログラムと、高音域を開発するプログラムがセットで

 

39600円 → 14800円!

 

もっと詳しく>

 

 

商品をレビューしてみました!

2つのマニュアルを、管理人自らレビュー・感想を書いてみました。

レビューをご覧になりたい方は以下のリンクからどうぞ。

「高い声」のレビューページへ / 「真の声」のレビューページへ>