カラオケでもキー下げなくていいんだ!

高い声の出し方 > 喉を開ける > 喉を開けるやり方

喉を開ける

喉を開けるやり方

喉を開ける方法として、あくびをすると良いとされています。あくびをした時が丁度、喉が開いている状態であり、上手く喉を開けるやり方が判らない方は、あくびをイメージしてください。それではやってみましょう。

あくびを行うときには、口が大きく開き、息を吸いますね?そして、無意識に口が勝手に開いてしまい、その時も特に力は入っていないでしょう。そして自然と口が開いて息を吸っていると思います。

 

よくイメージしてくださいね・・・できましたか?

 

喉を開ける上で重要なのは、力を入れずに、自然と大きな口で息を吸うことです。

このイメージを持って、普段の時に、のどちんこの奥にある喉と鼻が繋がっている場所を ”開ける” ようなイメージを持ち、舌の先でのどちんこを触るように行う事で、上の喉を開けることが出来ます(ちょっとややこしいですが、よく読み返してイメージし、やってみて下さいね)。

慣れてくると、下の喉も自在に開けることが出来るようになります。上の喉と、下の喉を上手にコントロールする事で、より声幅も広がるので、自分に合った声質を選ぶ事が出来るのです。

あくびの時と同じで、体に力を入れずに、自然と行う事が重要です。

 

喉を実際に開ける練習を行うと、自然と声帯周りに力が入らなくなり、幅広い声を出す事が出来るようになります。

コツとしては、やはり全身の力を抜く事です。肩や顔に力が入っているとどうやっても出来ませんし、意識して行うと喉に力が入ってしまい、やはり上手くいきません。

喉を開けるやり方は、コツを掴まないと、すぐには出来ませんが、急がず気長に行う事が良いと思います。


真の歌声を手に入れる方法×力強くかつきれいな高い声を取得する方法

歌うことが苦手な人とプロの高音を持つ人の違いは、「知っているか」・「知らないか」の違いだけ。

あなたの歌唱力を向上させるプログラムと、高音域を開発するプログラムがセットで

 

39600円 → 14800円!

 

もっと詳しく>

 

 

商品をレビューしてみました!

2つのマニュアルを、管理人自らレビュー・感想を書いてみました。

レビューをご覧になりたい方は以下のリンクからどうぞ。

「高い声」のレビューページへ / 「真の声」のレビューページへ>