カラオケでもキー下げなくていいんだ!

高い声の出し方 > 裏声 > 裏声をだす

裏声

裏声をだす

裏声を出す事って、意外と大変ですよね。裏声とは、地声が裏返った声の事をいい、似た言葉としてファルセットという言葉もあります。

裏声を出す事により、より歌に深みを持たせる事が出来るので、裏声を手に入れたいと思っている方は多いようです。

ただ、いざ裏声を出そうと思っても、どうやったら良いのか判らない人も多いようです。裏声を出したい場合には、よく「犬の吠え方を真似する良いと」いう意見や、「悲鳴を上げると良い」という方法などありますが、実際に歌で裏声を出す方法は少なく、地道な練習が必要だとされています。

 

感覚としては、声の出し方と、口の形などに重点を置いて喉を活用して歌います。声を出すときに、上に向かって声を出すイメージをして、少し顎を出すようにし、口を横に開いて、鼻の奥に息をあてる

感じで声を出します。

裏声を出すには姿勢と口の開き方、声の出し方がポイントになってきます。息を出すときに頭の上から出すようなイメージを思い浮かべると良いかもしれません。

やはり声を出すときには、全身をリラックスさせ、力を入れすぎない事が重要です。

また、小さく鼻声を歌うと裏声が出るという話もあるので、どうしても感覚が判らない方は、試してみてはいかがでしょうか。

 

注意:裏声は特に喉に負担がかかります。練習しすぎたり、声を出しすぎると、声帯を壊してしまう恐れがあるので注意しましょう。

 


真の歌声を手に入れる方法×力強くかつきれいな高い声を取得する方法

歌うことが苦手な人とプロの高音を持つ人の違いは、「知っているか」・「知らないか」の違いだけ。

あなたの歌唱力を向上させるプログラムと、高音域を開発するプログラムがセットで

 

39600円 → 14800円!

 

もっと詳しく>

 

 

商品をレビューしてみました!

2つのマニュアルを、管理人自らレビュー・感想を書いてみました。

レビューをご覧になりたい方は以下のリンクからどうぞ。

「高い声」のレビューページへ / 「真の声」のレビューページへ>