カラオケでもキー下げなくていいんだ!

高い声の出し方 > タングトリル > タングトリルとは?

タングトリル

タングトリルとは?

ヴォイストレーニングの方法としてはリップロールが有名ですが、同じ効果を得る事が出来るタングトリルも有名です。リップロールは唇を震わせて行いましたが、タングトリルは舌を震わせるように行います。

やり方としては、口の形を「ル」と言う時のようにして、舌を震わせます。いわゆる「巻き舌」の要領なので、よく子供の頃に「トゥルルルルル〜!」なんて言いながら遊んでいた人はすぐにコツが掴めると思います。

ただ、舌が短い人はなかなかやりづらいらしく、舌をつってしまう人もいるので、気長に練習する事をお勧めします。

 

本やインターネットでは、タングトリルをどうしてもやりたい人の為に色々と改善方法が紹介されており、中でも空を向いて大声で「るるるる」といい続けると出来るようになる事があるようです。

実はタングトリルが出来ない私の友人に上記の要領を伝えて実際に行ってもらったところ、出来るようになったので、どうしてもタングトリルを行いたい人は、試してみると良いかもしれません。

 

ちなみに、個人的にはリップロールの方がやり易く、いつでも出来るので私はリップロールの方を行っています。ですが何人かの知人に聞いてみると、タングトリルの方がすぐに出来たという人も多く、向き不向きはあるのでしょうね。

 

声がすぐに裏返ってしまう人などは、タングトリルを集中的に行う事で改善されやすくなります。そのせいか、リップロールと合わせてタングトリルを行っている人も多いようです。

タングトリルとリップロール、どちらも日常から行っていることで上手に歌を歌う事が出来るので、だんだんに習得していく事をお勧めします。


真の歌声を手に入れる方法×力強くかつきれいな高い声を取得する方法

歌うことが苦手な人とプロの高音を持つ人の違いは、「知っているか」・「知らないか」の違いだけ。

あなたの歌唱力を向上させるプログラムと、高音域を開発するプログラムがセットで

 

39600円 → 14800円!

 

もっと詳しく>

 

 

商品をレビューしてみました!

2つのマニュアルを、管理人自らレビュー・感想を書いてみました。

レビューをご覧になりたい方は以下のリンクからどうぞ。

「高い声」のレビューページへ / 「真の声」のレビューページへ>