カラオケでもキー下げなくていいんだ!

高い声の出し方 > タングトリル > タングトリルのやり方

タングトリル

タングトリルのやり方

タングトリルのやり方を調べてみると「舌を振るわせる事」としか書いておらず、初めて行う方や不慣れな方には、たったこれだけの説明では少々わかり辛いでしょう。

タングトリルは、リップロールに比べて難しく、特に生まれつき舌が短い人などにとっては、なかなかやり難しいヴォイストレーニングでもあります。どんなやり方が効果的なのでしょうか?

 

タングトリルのやり方として、まず口を「ル」と言う形にします。次に、舌を上の歯の根元に触るようなイメージで置き、舌を振るわせます。本来ならこれで出来るはずなのですが、初心者の方にはかなり難しく感じるようです。

妙に力が入ってしまったり、息を勢い良く吐いてしまうと中々やりにくいものです。ゆっくりと息を吐き、リラックスした状態で行うことで、成功しやすくなります。

 

タングトリルが苦手である方も少なくないようです。最近ではインターネットに動画として配信されてたり、タングトリルのやり方をまとめた本もあるので、参考にしてみるのもいいかもしれません。

 

空を向いて「るるる」 / 魔法の呪文「トロロイモ」?

私は、リップロールとタングトリルを両方出来るので、特に苦労はないのですが、私の友人はタングトリルだけどうしても出来ませんでした。

そこで、空を向いて「るるるる」と叫ぶようアドバイスをしてみると、いとも簡単に出来るようになったので、「私もタングトリル苦手!」という方は、是非参考にしてみてください。

他にも「サッポロラーメントロロイモ」という言葉を早く言う事で自然と出来るという情報もあるので、タングトリルをやりたい方は、毎日この言葉を唱えてみるといいかもしれません。


真の歌声を手に入れる方法×力強くかつきれいな高い声を取得する方法

歌うことが苦手な人とプロの高音を持つ人の違いは、「知っているか」・「知らないか」の違いだけ。

あなたの歌唱力を向上させるプログラムと、高音域を開発するプログラムがセットで

 

39600円 → 14800円!

 

もっと詳しく>

 

 

商品をレビューしてみました!

2つのマニュアルを、管理人自らレビュー・感想を書いてみました。

レビューをご覧になりたい方は以下のリンクからどうぞ。

「高い声」のレビューページへ / 「真の声」のレビューページへ>